つい想録

26歳男性のリアル

リベンジに向けて

2020年7月6日(月)〜7月12日(日)

 

7月6日に求職者支援訓練の合否が届いた。結論から言うと不合格。落ちている前提で生活していたので精神的なダメージは受けずに済んだ。落ちた瞬間、今後は面接準備と並行して訓練で学ぶことを先回りして勉強することに決めた。

そしてすぐさま施設見学の予約を入れて書類の準備に取り掛かった。見学は9日だった、締め切りの前日である。同じ施設だからといって得るものが全くないわけではなかった。むしろ前回の見学よりも有益なことを知ることができた。

卒業者による就活のアドバイスや、あまり詳しいことは書けないがどんな境遇の人が通っているか、応募者に求めていることなど、今後の参考になりそうなことをたくさん知ることができた。中でも他の見学者の方が「自分は今回の見学で四度目なんですよ」と語ってくださったことが印象に残っている。一発で受かるわけがないんだなと心が軽くなった。

書類については前回の倍くらいの文量で埋めるつもりで、前回の面接とその現地で書かされたアンケートの内容を思い出しそれに間接的に答える形で書いた。また、自身が一応経験者であることも伝えることにした。見学で質問した時に経験者も通っていることを聞いたからだ。ネット上では「経験者は落とされる」と書かれていたので前回は自重したが、今回は面接でも書類やアンケートでもアピールしていくつもりだ。

それと、前回の面接はよく思い返してみたら質問内容自体には全く答えていなかったことを改めて思い知らされた。無駄なことまで話しすぎる自分の悪い癖が出ていたのだ。その反省も活かす形で次に臨もうと思う。29日の面接までの間、質問応答集とアンケート事前回答の見直しに力を入れていきたい。

ちなみに職員によると、私が応募手続きを終えた時点では20名の定員に対して応募が70名であった。前回よりも倍率が高くて笑ってしまった、緊張感もクソもない。

 

今週はこれ。

松屋の「ごろチキコンボ牛めし にんにくバター」650円

f:id:TKS0414:20200712230323j:plain

予告を見た瞬間から食べたくて仕方がなかった。私の好きな要素しかない、まさに都合の良すぎる飯。期間限定で大盛り無料なのもポイント高い、毎日食べたいくらいだ。

500円で食べられる「ごろチキ丼」の方も推したい。こちらもボリューム良し味良し、特に牛がないぶん食べ応えがある。あれでワンコインなのが信じられないくらいだ。今週も通い続けようと思う。